Sooey

2010-10-19 12:21:41 +0900

Exceptionalから無料プランがなくなるみたい(ExceptionalはRubyアプリケーションで発生した例外情報を収集・閲覧するためのサービス。Hoptoadのような感じ)。

要点はこんなところ。

  • Exceptionalのユーザーは86カ国にまたがっている
  • 毎日6,000を超える運用中のWebアプリケーションから情報が送信されてくる
  • 成長のない月もあれば、25%成長した月もあった
  • 今回の変更による既存顧客のコストには変化なし
  • 無料プランは廃止
    • 他の種類のサービスと違い、無料プランのユーザーからも毎分ごとに例外情報を送信するための膨大なAPIリクエストが送られてくる
    • それが安定性、サポート、冗長性、資金に響いてくる
  • 新たにアプリごとに$3.99のプランを用意する
    • Exceptionalのすべての機能が使える
    • アプリケーションのチームに属する全メンバーが利用できる
    • ホビイストにも学生にもプロフェッショナルにもマッチする
  • 今後、サインアップしたユーザーはフル機能を40日間試用できるようになる
    • サインアップにクレジットカードは不要

HerokuでもExceptionalの無料プランがアドオンとして組み込めるので、それも負荷を高める要因になったのかな。

ExceptionalのようなWebアプリケーションの運用を支援するようなサービスは、

  • しばらく使ってみないとメリットが享受しづらい(アプリで例外が発生しない限りありがたくない)
  • うまく運用サイクルに組み込まれると、なかなか手放しづらい
  • Webアプリビジネスはスモールスタートが主流になりつつある

という特長があるので、この戦略は結構うまいところを突いていると思う。

ひとくにちフリーミアムと言っても、サービス形態や想定する顧客のスタイルに応じてマネタイズの方法を考えることが必要ですね。

2010-10-19 00:21:10 +0900

sooey.comでやっているブログを新しいシステムに引っ越しました。URLはhttp://journal.sooey.com/になります。FeedBurner経由で購読されているRSSフィードは、新しいブログのものを配信するように切り替えてあります(このポストが見えていれば特にURL変更などは必要ありません)。

2009年まで更新していた古いほうのブログはhttp://old-journal.sooey.com/でアクセスできます。

また、sooey.tumblr.comというのもありますのでよろしく。

2010-10-18 23:16:07 +0900

そういやこのブログ、検索もカテゴリもタグも無い。そのうちコンテンツが溜まってきたら実装します。

と言いつつ、AutoPagerize対応は済ませてあるのであんま困らない気もする。

2010-10-18 22:53:45 +0900

48時間でWebアプリを作るRails Rumble 2010が開催されて、無事にアプリケーションとして仕上がったものがhttp://railsrumble.com/teamsで公開された。

このあとは、

  • Expert Panel Voting 10/18 — 10/21
  • Public Voting 10/21 — 10/23

というスケジュール。

こういうのを見るといつも思うのは、アプリケーション開発で必要となるコンポーネント(ユーザー管理、認証、外部API呼び出し、KVSなど)は早いうちに自分の手にあったものを揃えておくようにすることが迅速な開発に欠かせないんだろうな、ということ。Railsはライブラリやサービスも色々揃っているから、なおさらうまく活用したい。

2010-10-18 22:44:02 +0900

続・Heroku上でのRails3ブログアプリ。

昨日、このブログをデプロイしたときに作成した管理用ユーザーのパスワードを1Passwordに保存しておかなかったせいで、今日ポストしようとした時にログインできないという有様に(昨日はまだsooey-journal.heroku.comでしかアクセスできなかったんで、1Passwordに余計なエントリを残すのが嫌だった)。

UserモデルはDeviseを使って以下のようになっているのですが、

class User < ActiveRecord::Base
  # Include default devise modules. Others available are:
  # :token_authenticatable, :confirmable, :lockable and :timeoutable
  devise :database_authenticatable, #:registerable,
         :recoverable, :rememberable, :trackable, :validatable

  # Setup accessible (or protected) attributes for your model
  attr_accessible :email, :password, :password_confirmation, :remember_me
end

サインアップ(:registerable)は無効にしたけど、:recoverableは有効にしてあったのでパスワードの再設定をして復活。

ちなみに、HerokuではSMTPでのメール送信までは面倒を見てくれない。選択肢は、

  • SendGridをアドオン経由で使う
  • 自前でメールサーバーを用意する
  • Gmailを送信用に使う

のいずれかになる。

今回は手っ取り早いのが一番ということで、Sendgrid SMTP add-onを見ながらSendGridアドオンを入れて…さあ設定するべ、と思ったら設定は何もいらなかった。

Adding this add-on will instantly setup your Rails app to send emails using ActionMailer.

とのことで、

$ heroku addons:add sendgrid:free

とやってアドオンを入れるだけでActionMailerがよきにはからってくれた。素晴らしい!!